身体能力を発揮するタイプの犬

2015年9月14日 | | 身体能力を発揮するタイプの犬 はコメントを受け付けていません。

犬にも、インドアタイプとアウトドアタイプの犬がいるのです。
インドアタイプの犬は、あまり多く運動をさせる必要がなく、散歩も頻繁に行わなくていいので、楽と言えば楽かもしれません。
ただ、アウトドアタイプの犬であれば、一緒に気持ち良く走ったりできますし、場合によってはドッグスポーツの大会などに出場させることもできるので、いろんな可能性も秘めているのです。
モチベーションアップに繋がる
もちろん、普段からしっかりと運動をさせないといけないので、大変な面も多いです。
犬種によっては、1日に2回も運動が必要な場合もあるので、仕事へ行く前に1回、仕事から帰ってからもう1回と、結構大きな負担になってしまうかもしれません。
でも、それも慣れてくれば楽しめるようになりますし、自分のモチベーションアップにも繋がるのです。
歳を重ねてからも元気いっぱい
また、アウトドアタイプの犬は、歳を重ねてからも元気いっぱいに過ごせるのです。

10歳を過ぎても非常に活発なので、若い頃と同じように過ごせるのです。
病気にもなりづらい
しっかりと運動をしていることから、病気になる確率も低いのです。
病気になれば、犬にとっても辛いでしょうし、お金もかかるわけですから、その負担も大きいと思います。
運動を普段からしているおかげで、犬にとっても飼い主にとっても、辛い思いをしなくて済むのです。
将来は凄い犬になれるかも
何より、アウトドアタイプの犬は、トレーニングをすることによって、さらなる身体能力を発揮するのです。
もしかしたら、自分の飼っている犬が将来、大会で優秀したりメディアで取り上げられたりするなど、凄い犬になるかもしれないのです。