小さいうちからきちんとしつけをしておく

2015年9月14日 | | 小さいうちからきちんとしつけをしておく はコメントを受け付けていません。

犬だけに限らず、猫の場合もそうですが、小さいうちにちゃんと躾をしておかないと、大きくなってから躾もなかなか言うことを聞いてくれなくなるのです。
特に犬の場合は、他の人に危害を加えてしまうケースもあるので、特に注意して躾をしないといけないのです。
小さい時にあらゆる躾をする
犬が小さいうちから、あらゆる躾をするようにしましょう。
基本となる、待て、お座り、お手といった躾はもちろん、悪いことをした時にはちゃんと叱り、もちろん褒めることも忘れないようにしましょう。
そして、小さい時から飼い主以外の人とも接する機会を設けるようにしましょう。
そうすることで、大きくなってからも、他の人を襲うこともなくなるのです。
犬の性格に合った躾をする
犬種によって、それぞれ性格も違うわけですから、犬の性格に合った躾をするようにしましょう。
例えば、個性的で少しワガママなタイプの犬の場合は、他の犬よりも少しキツく叱ることも必要だと言えます。
逆に、大人しいタイプの犬に対しては、あまりキツく叱ってしまうと、恐怖感を覚えてしまう可能性もあるので、そのあたりのバランスを考えるようにしましょう。