家族で犬を飼育する際の注意事項

2015年9月14日 | | 家族で犬を飼育する際の注意事項 はコメントを受け付けていません。

家族で犬を飼育すれば、誰かが留守の時でも、他の誰かが散歩に連れ行ったりエサを与えたりできるので、安心して飼育することができます。
ただ、家族で犬を飼うのであれば、注意すべきこともいくつかあります。
できるだけ一人に偏らないようにする
例えば、散歩にしてもエサやりにしても、一人に偏らないように注意しましょう。
一人に偏ってしまうと、その人には凄く懐くかもしれませんが、他の家族にはあまり懐かなくなる可能性もあるのです。
よく、「散歩はお母さんと長男」、「エサやりはお父さん」といった感じで、役割分担するケースも多いですが、本当は役割分担はしない方がいいのです。
留守にした時に困る
また、例えばお母さんがメインで飼育している場合、もしお母さんが用事で何日間か留守してしまうと、犬が動揺したり不安になったりする可能性があるのです。
でも、全員が均等に飼育していれば、もし誰かが留守しても犬は不安になることはないので、安心して過ごせるわけです。