シェパードは幼いうちから厳しく叱る

2015年9月14日 | | シェパードは幼いうちから厳しく叱る はコメントを受け付けていません。

軍などで良く見かけるシェパードは、非常に警戒心の強い生き物だと言えます。
犬の中でも、他人に対する警戒心はドーベルマン以上に強いのです。
そのため、飼い主にも他人にも警戒心を抱かせないようにするためには、幼いうちからの躾が大事だと言えます。
幼いうちに訓練をしておく
シェパードが子供を襲ったり、他人を噛んだりするという事件がたびたび起こります。
それは、やはり躾が十分になっていないからで、小さい頃からしっかりと訓練をしていなかったからです。
幼いうちから、いろんな人間と交流したり、あるいは他の犬とも社交することによって、大きくなってからも警戒心を持つことが無くなるのです。
悪いことをしたらしっかりと叱る
犬によっては、
あまり叱りすぎると逆効果になることもありますが、シェパードの場合は悪いことをしたらしっかりと叱るようにしましょう。
ちゃんと叱らないと、大人になってから手遅れてになる可能性もあるので、叱るべきところは叱らないとダメなのです。
運動も十分にさせる
また、シェパードはじっと閉じこもっているのが苦手な犬ですから、運動も十分にさせるようにしましょう。
散歩だけでなく、ある程度しっかりと走らせたりして、犬のストレスを解消させるようにしましょう。
できるだけ、1日に2回は運動をする機会を設けたいところです。

忠誠心はとても高い
逆に言えば、小さいうちにしっかりと躾けることができれば、大きくなった時に高い忠誠心を持ってくれるのです。
犬の中でも、忠誠心はかなり高い部類に入るので、ちゃんと言うことを聞いてくれるのです。